写真集:ビックサイエンス / スタンフォード線形加速器センター
Book : Big Science / Stanford Linear Accelerator Center

Publisher / 出版社 : PPrP





吉岡さとる作品集#1
[Big Science Stanford Linear Accelerator Center] 
「ビックサイエンス スタンフォード線形加速器センター」
リミテッド50冊限定

仕様
———————————-
イメージ/30点
全編/38ページ
リミテッドエディションナンバー入り
サイン入り

2005年よりアメリカ・カリフォルニア州にあるスタンフォード線形加速器センター(現在SLAC国立加速器研究所)を訪れ始め、撮影を開始。2007年より本格的に世界中の素粒子物理学研究所の世界を、視覚的研究プロジェクトとして撮影し続けています。

*そのプロジェクトで最初に訪れたスタンフォード線形加速器センターを第1弾として作品集をリリースいたしました。


*なぜ、われわれは存在するのか?

時に、人は研究所の高いフェンスの内側に想像を膨らませる。
そこで、どの様な実験がされているのだろうかと思いを巡らせる。

私は世界を旅しながら研究所の内側を、昼間の太陽光と夜の人光で 切り取ってきた。そこには日常的な作業域、通りなど一般的な風景や建物が写されている。そこには最新の実験装置、運命を終えた実験装置なども写されている。

研究施設は日夜変化し続ける。そして、今日訪れた研究施設は一見あまり 変化がなくても、昨日とはまったく違う場所になっている。スタンフォード線形加速器センターは1962年に設立された、40年以上にわたり、世界の高エネルギー物理学を牽引してきた研究施設だ。

なぜ、われわれは存在するのか?
なぜ、宇宙は、反物質ではなく物質で作られたのか?

この研究所での加速器実験により、これらの質問に答えが出されてきた。そんな特別な場所、スタンフォード線形加速器センターの最後の姿を見てほしい。

2008年から、この場所はスラック国立加速器研究所と名前が変更され、高エネルギー物理学研究の歴史的役割から光子科学、粒子と粒子天体物理学、そしてX線自由電子レーザー(LCLS)利用研究など多目的研究施設として生まれ変わった。


* スタンフォード線型加速器センター

スタンフォード線型加速器センターには、3.2キロメートルの直線加速装置がある。この装置で荷電粒子(電気を帯びている粒子)を光の速さ近くまで加速させた後に衝突させ、小さなビックバンを作り出す。

物凄い衝突、それによって作り出されたB中間子と反B中間子、それぞれの壊れ方の違いをBaBar検出器( 高さ、横巾が約7.6メートル、重さ1200トン)で読みとる(BaBar実験)。

約137億年前にあったとされるビックバンの直後、物質と反物質が同じ数存在していたとされている。もし、仮に現在存在する物質と同じ 数の反物質が存在するとすれば、それらはお互いに打ち消し合い、この世界は存在しない事になる。しかし、私たちは存在し、物に囲まれて暮らしている。

2008年には高エネルギー加速器研究機構 / KEK(筑波)のBelle実験と共に小林・益川理論の正しさを証明し(両教授はノーベル物理学賞を受賞)、なぜ宇宙に私たちが存在したかその理由の1つを証明した場所である。

Satoru Yoshioka Photographic Works # 1
[Big Science: Stanford Linear Accelerator Center] 
Limited volume of 50

* Specification
Photography images / 30 and 38 whole pages
limited edition number + autographed

Since 2005, Satoru Yoshioka has been visiting to high energy physics laboratories; in 2006 he started photographing from SLAC / Stanford Linear Accelerator Center (now SLAC National Accelerator Laboratory) in California. Over several years he photographed in the United States, Japan, Germany and Switzerland.

*This is his first released photography book from his project
[Visual Study of The World of High Energy Physics].


*Why do we exist?

Sometimes, people speculate of inside of a high fenced laboratory. Then, people decide what kind of experiment will be accomplished.

While taking a trip to the world of high-energy physics, I photographed inside of these research institutes by daytime light of the sun and nighttime artificial light: the general scenery and buildings, streets, daily working spaces, the latest experimental devices and past experimental devices.

A laboratory continues to change day and night. Even if there are seemingly no changes, the research institute visited today is a place just different from yesterday.

The Stanford Linear Accelerator Center was established in 1962. This place was a central research facility in the world of high-energy physics for over 40 years.

Why do we exist?
Why is the universe made of matter and not antimatter?

These questions have been studied, and precisely answered, by smashing particles together. In my work, I would like you to see the Stanford Linear Accelerator Center as it was.

Since 2008, this place was renamed as the SLAC National Accelerator Laboratory and moved from its historic role in high-energy particle physics to photon science, astrophysics, accelerator and particle physics. This place was also reborn as a X-ray Free Electron Laser (LCLS) research facility.


* About Stanford Linear Accelerator Center

SLAC has a 3.2 km linear accelerator, and this equipment generates charged particles (electrons and positrons) accelerated to nearly the speed of light and makes them collide head-on to create small big bang.

BaBar detector (height, horizontal width of about 7.6 meters, weighs 1200 tons) records B mesons and anti-B mesons decay (BaBar experiment / studies of CP-violation in B-meson decays).

Immediately after the Big Bang, about 13.7 billion years ago, matter and antimatter existed in equal numbers. We know that matter and antimatter cancel out each other; but if this is true, then things will not exist in this world. However, we exist and live, and we are matter, not antimatter. Why did the antimatter disappear, but some matter remained?

In 2008, the BaBar and *Belle experiment proved the correctness of the Kobayashi-Maskawa theory. These two professors were awarded the Nobel Prize in Physics.

*Belle experiment : High Energy Accelerator Research Organization (KEK), Tsukuba, Japan